共通メニュー
  • HOME
  • 資金調達について
  • 料金表・サービス案内
  • よくあるご質問
  • 事務所案内

よくある質問

  • HOME
  • よくある質問
100%融資がおりることを保証してくれますか?
弊社は日本政策金融公庫からの融資実行確率を上げるための精一杯のア ドバイスはお約束致しますが、100%融資がおりる保証は出来ません。融 資見 込が無い場合には事前にハッキリとその旨申し上げさせて頂きますが、可能 性ありの場合でも断られてしまうことはあり得ます。また、万一断られたとして も、業務着手時に頂いたコンサルティング報酬はご返金できませんのご了承 下さい。
融資がおりた場合に成功報酬は必要ですか?
ご安心ください。当事務所では、融資額に比例した成功報酬は一切頂戴しておりません。仮に800万円の融資額でも、100万円でも報酬は同額となります。勿論、ご依頼主様の融資が成功するよう、精一杯努力致します。
創業したばかりでも、資金調達は可能でしょうか?
創業したばかりの会社や、設立年数があまりたっていない会社であっても、 日本政策金融公庫や制度融資などを利用することにより、比較的に容易かつ 低利で資金の調達をすることができます。 このことは会社に限らず、個人で事業をする方についても同様のことが言えま す。 また、最近、一部の金融機関では、新設の会社に対しても自前の資金(「プロ パー資金」という)を使って融資を行うところも現れています。
金融機関から融資を受ける場合に気をつけることは?
金融機関が企業へ融資をする際に、大きなポイントとなるのが「今後の業績 の見込み」と「資産の状況」です。 金融機関は「損益計算書」、「貸借対象表」を見て、融資の判断の材料としてい ます。 特に当面の返済ができるかどうかに関しては、返済の原資である「減価償却 費」と「税引き後利益」の合計額がいくらになのかということに注目します。 しかし、創業後間もない会社では、資産や実績が乏しいため、これを保全する 自己資金のボリュームや、事業仕組みの予想、本人の経験や熱意などを重視 します。
赤字でも本当に借りられるのでしょうか?
通常、金融機関は赤字企業に対して、積極的に融資は行いません。しかし、日本政策金融公庫などでは、事業で多少の赤字が出ている場合でも、今後に 事業の利益が見込めると判断できる場合には融資を行います。 また、最近では長引く不況に対応するため、政府が各種の中小企業支援対策 を打ち出しており、これらを利用する場合は赤字であっても、借り入れが可能となります。
申込みをしてから、融資が出るまでの期間はどのくらい?
初めての申込みの場合、通常の融資(普通貸付)では2~3週間から1ケ月 程度の時間がかかりますが、2回目以降からは1~2週間程度に短縮される のが普通です。 しかし、創業融資の場合には、1ケ月~1.5ケ月程度の時間がかかりますので スケジュールを組む際には注意が必要です。
融資申込みのタイミングについて
融資申込みのタイミングとして、ベストな時期は開業前です。開業前には日 本政策金融公庫や、保証協会保証付融資にも多くの融資制度があります。さ らに開業前であれば、営業実績などありませんから、融資の審査は事業計画 書の妥当性ということになります。 次に、融資が受け易くなるのは、創業後2年経過後です。金融機関に融資の 申込みをする場合通常2期分の決算書が必要だからです。 一番困るのが、開業後から2年以内の時期です。この間の融資申込みに対し て金融機関は慎重です。連帯保証人もいるし、担保も出せるという方なら資金 調達できる可能性は高いでしょうが、そうでない場合は難しいと心得るべきで しょう。
リスケジュール(リスケ)とは、どのようなことですか?
リスケとは、毎月の返済スケジュールを組み直すことです。返済スケジュールは銀行との契約により決まっているため、その契約を組み直すことになります。よって、銀行に返済金額を減額してもらうことになります。リスケをすると、 銀行の格付けは下がり、銀行のプロパー融資はもちろん、保証協会付きの融資など、その後の新規融資は困難になると言われています。 特に経営者の方は銀行からの借入金の月次の返済額は削減できないと思いがちですが、会社の売上増が見込めない場合には、早めに金融機関に相談してリスケジュールを行い返済条件の変更によって、毎月の返済額を下げるのも一案です。リスケジュールにより月次での収支のバランスを取ることで危機 を乗り越えられる場合も多いと思います。
また、最近は、銀行との交渉を繰り返す中で、リスケしても正常に返済ができるようになるまで回復できれば、新規融資も十分に得ることが出来ると感じています。
日本金融政策公庫と信用保証付き融資(制度融資)はどちらが借り易いで しょうか
この質問はよく頂戴しますが、結論的に大差はないと思われます。むしろ、日本政策金融公庫で借入している会社が、さらに追加の借入れが必要になった時に信用保証付き融資を申込むというように、両者は必要に応じて使い分けられます。
ただし、信用保証付き融資を受けるためには、信用保証協会に保証料を支払 わなければなりません。銀行に支払う利息の利率は日本政策金融公庫の支払利率と大差ありませんが、信用保証料の分だけ負担が多くなりますので、できるだけ日本政策金融金融公庫からの借入れを優先されることをお勧めしま す。
日本政策金融公庫と、保証協会保証付融資の同時申請は可能でしょうか?
はい、可能です。
現在のところ双方の金融機関に情報交換が無いと思われます。間違っても同時申請していることを金融機関に公言してはいけません。
まずはお気軽にご相談ください。"
  • お電話での受付時間9:00-18:00(平日)03-3789-3832"
  • 相談受付中 クリック

このページの先頭へ